女性

面倒な準備は必要なし!気軽に楽しむバーベキュー

料理の基本

調味料

手間のいらない方法

和食の基本は「だし」です。きちんとしただしを使えば美味しい料理が作れるのですが、だしを取るには手間とお金がかかると言うイメージがあるため、顆粒で済ませる人がほとんどです。そんな中でも天然のだしを簡単に取る方法があります。昆布や鰹節があらかじめティーバッグのようになっていて、お湯につけるだけで手軽にだしが取れると言う商品です。スーパーや通販でも手に入れることができるので、ぜひ試して下さい。ティーバッグ商品は中身が細かいので、野菜炒めやチャーハンなどにそのまま使うこともできます。まただしを取った後のがらも、佃煮にして食べることができるので無駄がありません。天然素材の昆布や鰹節などを買って自分でだしを取るよりも値段は安いし、手間をかけずに、美味しいだしを取ることができるのでおすすめです。

大切なこと

だしを取る時に一番注意が必要なのは、時間や温度をきちんと守ることです。昆布や鰹節は時間を長くかければいいと言うものではありません。昆布からはぬめりが出てしまうし、鰹節からはえぐみが出てしまうので、ティーバッグ商品とは言え、書かれている時間や温度は必ず守って下さい。また原材料は昆布や鰹節以外にも煮干や椎茸、あごなど様々な種類のものが使われています。原材料によって料理との相性が違うので、自分が作る料理に合うものを選ぶ必要があります。どれが良いか分からない時は、基本の昆布と鰹節のだしを取れば良いでしょう。天然の原材料を使用していても、食塩が入っていたり味がついている商品もあるので、できるだけ無添加のものを選ぶようにして下さい。